伊東ぢゅん子のひとりごと
185 / 185« 先頭...102030...181182183184185

2001/06/01 | シロアリ

シロアリ。おそろしいシロアリ。わが家を喰いつくすシロアリの存在に気づいたのは今から1年ほど前のことだった。
シロアリを発見した時の恐怖。例えるなら、自分が買った株が大暴落した時のそれ、もしくは憧れの人の、顔のほくろから2~3本毛が生えているのを見てしまった時のそれと似ている。なんともいや~な気持ちになり、重い十字架を背をわされたような…。
がっ、しかし、こちとら黙って見ているわけにもイカン!さっそく業者を入れて退治してもらうことに。この時かかったお金が約20万円。コレは単なる駆除作業。ただ消毒剤をまいただけ。
そして10ヶ月後の5月某日。ガーン! シロアリはぜんぜん生きていた。それどころか増殖していたのだ!羽なんかつけて巣立ちしようとしていたのだ!

我が家の天敵のシロアリの本名はヤマトシロアリと言うらしい。ショッキングな奴等だ。そして、とてもたくましい奴等だ。
あるシロアリ業者のホームページで映像をみたのだが、女王アリはまさに映画のエイリアンの母親役のあれ、である。私は映画エイリアンの熱狂的ファンだが、まさかわが家がそのエイリアンに犯されるとは。これっ、運命?
今度は簡単な駆除ではすまされない事態だ。う~ん。そこで近頃CMで話題の某シロアリ駆除業者を呼んでみた。
「このシロアリどもをなんとかしてくれ」
この私の心からの訴えに、
「税込で210万はかかります」
ガーン! この時、来年買おうと思っていたクルマが私のアタマの中からぶっとんだ。しかし「お願いします」ということで現在わが家は駆除中である。
おそろしいシロアリ。それは、家どころか、私のお金まで喰いつくす。某シロアリ駆除業社は、「ウチに任せてもらえば、今後絶対でるはずはない」と断言しているのだが、果たして…。
ここで、読者の皆さんに伊東が感じた家を買うときの注意点をひとつふたつ。

一、中古住宅はなるべ~くさけよう
一、中古住宅を買う場合、かならず建築士、およびシロアリの業者をよんで見てもらおう!
一、海の近くの中古住宅の地下は絶対いると思え、シロアリファミリー!
一、どんなに立派に見えても増築して大きくした家は疑ってかかるべし!

シロアリにとっては我が家は食べ物。食べられるモノをもった私たちの宿命か。
最初は発狂しかかったシロアリ共。でも、大好きな映画「エイリアン」に例えればそんなにイヤじゃなくなる私って、変?変かな~、やっぱ。
ま、家を買うときは、住宅に関する知識をしっかり持つことが大切。そうすれば、何が出ようが、対処方法も考え方も広がる。
にっくきシロアリ。しかし、いろんな事も教えてくれた。まあ、よしとするか!もしかして長いつきあいになるかもしれないし。何はともあれ「はば~ぐっでぃ!」


家はぐちゃぐちゃ。工事の様子です。

シロアリの被害は凄まじい。
我が家の柱はよほど美味いのね。

修復工事に6月いっぱいかかるそうで、
もう、家出したいよ、娘とともに。