伊東ぢゅん子のひとりごと
2 / 18512345...102030...最後 »

2017/02/23 | 今年もアホ体験だい!

先日、一人で買い物行ったときのこと。我が家の電子レンジにとうとう寿命がきたようで、電気屋さんに買いに行く前にD2(ニトリみたいな店)にレンジ用の棚を購入したく、フラッと寄ったときのこと。
レンジ君の寿命を短くしたのは間違いなく愛猫2匹のせいでして、冷蔵庫の上がお気に入りの二人は階段としてレンジの上をドスンバタンと毎日乗り降りしていたわけ。

ゆえに新品を購入するにあたって、むき出しのNEWレンジ君だとすぐに命を縮めてしまうので、ネコ達に階段がわりにさせないためのカバーみたいな棚がほしくてね、行ってみたわけです、D2ショップに。
土曜日の夕方だというのに店内ガラガラ。ふと、フライパンコーナーで「最近、テフロンがバカチョンになってきてるなぁ」とフライパンに近づくと、そこにはたったお一人で時間を持て余している声かけパートの奥様が一人ぽつん、、、、。若干嫌な予感をしつつ、フライパンを見ていたらソッコ〜で声かけて来ましたよ。
「お姉さん〜少しだけお時間いただけませんか?」と。あ、コイツ、気を使ってお姉さんと言いやがったとすぐ思うアチキ。
なんでもクレープ専門のフライパンのお試しコーナーで、フライパンでのっかっている薄い紙っぺらを5回ひっくり返せたらテーブルの上のカゴに盛りだくさんで入っている飴をつかみ取りできる!ってこと。
「めんどっちいなぁ」と思いつつも、暇ぶっこいていて飴玉も全然減ってないそのパートの奥様に少々同情しちまったもんで、ついついおつきあいを。

はい!もちろん5回できましたよ、あれ、誰でもド素人でもお子ちゃまでもできるようになっているかんじだったし。
歓喜の声あげて「飴を思い切り掴んで持っていってください〜」と言われつつ、そこはちょっと見栄はって少しだけいただきました、飴玉を7〜8個。
ウチじゃクレープなんぞは作りませんが、聞いてみたらその薄っぺらのフライパンは普通に炒め物もできるとのことで、ものすごく軽かったので「じゃあ、1個いただきます」と言うと、すごい眼をキラキラさせたパートの奥様、アチキを「救いの手をさしのべた神」みたいに扱いながら、「もっと飴玉持って行って〜、もっと、二度でも三度でも掴んでくださ〜い」といい、なぜか紙皿(10枚セット)も「これも持って行って〜」と、完全店じまいモードで渡されました。
よっぽど誰にも相手にされず泣きが入っていたんだな、可哀想に。一日一善じゃないけど、なんか良い事したような気分でござんした。
結局レンジ君用の囲う棚なんぞ売ってなくて、そのフライパンのみ購入して店を出て電気屋さんにてNEWレンジ君購入。
壊れたのと同じのが売ってたので迷わずソイツを選んでご機嫌で帰宅したアチキ。

で、夕飯にさっそく使おうとしたらNEWフライパン、、、、ウンもスンも反応せず。

はい、、、、IH対応じゃ〜〜〜ありませんでした。しかもいつものようにビリビリやぶってガミ箱にポイした梱包紙。
「だ、誰かに差し上げよう、、きっとガス使っている人がいるはず」と自分に言い聞かせて、そのまま台所の奥の棚にしまいました、フライパン。あ〜〜〜〜〜あ〜〜〜〜〜〜、またやっちまったアホバカ体験。
どうぞ皆様、お気をつけ下さいませ。人生に一度はやっちゃうヤツですよ、この失敗。アチキは二度目だけど。

ちなみにNEWレンジ君の囲いの棚らしきものは、娘が家にあるやつ(サイズが自由になるタイプ)を使って完璧に作ってくれました。
「母さん、アホか?」ってな顔しながら、、、。何の為にあの店に寄ったのか。よけいに落ち込む夜でござんした。

2 / 18512345...102030...最後 »